FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018年12月28日

広河隆一氏による性暴力を告発した女性たちに心を寄せ
共に#MeToo運動を広げていくための声明


性暴力禁止法をつくろうネットワーク
共同代表 戒能民江、周藤由美子

「性暴力禁止法をつくろうネットワーク」は、被害者、支援者、弁護士、研究者など様々な立場から性暴力に関する包括的な法整備を求めて活動している全国組織です。
2017年から世界的に爆発的な盛り上がりを見せた#Metoo運動は、これまで声をあげることが難しかった性暴力被害当事者を確実に勇気づけてきました。そして、2018年も終わろうとする今、週刊文春2019年1月3、10日号に『世界的人権派ジャーナリストの性暴力を告発する 7人の女性が#MeToo』という広河隆一氏についての記事が掲載されました。広河氏は文春の取材に対しては「(女性たちは)僕に魅力を感じたり憧れたりしていた」と自らの加害性を否定しましたが、12月26日付で、株式会社デイズジャパンの代表取締役及び取締役理事とNPO法人沖縄・球美の里名誉理事長の解任について発表しています。私たちは、告発した女性たちを支持し、共に#Metoo運動を広げていくことを以下のように声明します。



1 私たちは、性暴力の事実を告発した女性たちを強く支持します。

加害者の権力を背景に被害者が拒否できない状況で行われる性暴力、セクシュアルハラスメントは、被害者に罪悪感や無力感を与え続け、被害による後遺症は深刻で長期にわたります。多くの被害者が孤立し、自分を責め、声を上げることが困難な状況にあります。そのような状況で、今回の告発を行った女性たちを私たちは強く支持します。そして、このような被害者に対して、被害を信じなかったり、被害者にも責任がある等の二次被害が行われることがないように、彼女たちを擁護する立場に立ちたいと思います。

2 広河隆一氏は自らの権力性や女性に対する人権意識の欠如、性暴力についての認識不足についてしっかりと向き合い、更に真摯な謝罪を行うべきです。

広河氏が役職の解任を報告するコメントにおいて、「(女性たちの)気持ちに気がつくことができず、傷つけたという認識に欠けていました」と述べています。しかし、この言葉はあまりにも表面的で浅薄なものではないでしょうか。広河氏が気がつく必要があったのは、自らが持っていた圧倒的なパワーとそれを濫用していたこと、そして自らに対する女性たちの尊敬や評価は恋愛感情や性的な関係を求めるものとは違うこと、人権派として社会的にも評価されている人間から性暴力という卑劣な人権侵害を受けるという裏切りによる混乱や衝撃の度合い、フォトジャーナリストを目指していた被害者の可能性を根こそぎ奪うようなことをしたことについてきちんと認識し、真摯に謝罪すべきです。

3 セクシュアルハラスメントを禁止し、被害者が安心して告発でき、被害からの回復を支援するための法制度整備が必要です。

彼女たちの今回の告発まで10年以上かかったことは、それだけ性暴力、セクシュアルハラスメントについて声を上げることが難しく、また被害者の告発を受け止める社会の体制が十分に整っていないことがあると考えます。今回も加害者が組織のトップであり、圧倒的な権力を握っている存在であったため、被害者は被害に耐え続けるか、それができなければ辞めざるを得ないという現実がありました。セクシュアルハラスメントは許されないことであるという明確な法規制とともに被害者が安心して告発できる第三者機関が必要です。また、被害者は被害によって人生設計を大きく変えざるを得ず、心身に様々な不調を抱えながら、自力で生活を再建することを余儀なくされます。被害者が回復できるように社会が支援する制度を整えることが求められています。

今回、声を上げた被害女性は、多くの被害当事者に「自分は1人ではない」「声を上げることで何かを変えることができる」という大きなメッセージを与えてくれました。#Metoo運動は、これからも確実に広がり、日本の社会を変えていくことを確信します。

以上
スポンサーサイト

伊藤詩織さんのインタビュー番組がBBCで放映されました。
http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-44638987

やはり日本の性暴力をめぐる法的・社会的状況はおかしいです。
法律を作ったり、変える必要があります。

日本ではワンストップセンターの根拠法はいまだ作られていません。
放送でも指摘されていたワンストップセンターの数の少なさを変えるには
きちんとした法律が必要だということではないでしょうか。

この6月11日に立憲民主、国民民主、無所属の会、共産、維新、自由、社民の6野党1会派が、
「性暴力被害者支援法案」を衆院に提出しました。
https://cdp-japan.jp/news/20180613_0593

こういった法律があれば、もっと性暴力被害者支援が具体的に進むのではないでしょうか。

私たちは7月14日にこういった性暴力被害者を孤立させないための法整備について話し合うイベントを計画しています。
是非ご参加ください。
http://svkinshiho.blog.fc2.com/blog-category-4.html




【2018/07/03 01:10】 | 声明・提言
トラックバック(0) |
6月12日に性暴力被害者支援法案が野党で共同提案されるそうです。
立憲民主党の阿部知子衆議院議員のツイッターです。
https://twitter.com/abe_tomoko/status/1004935314274545665

性暴力被害者を支援するための法律は
今こそ求められています!

性暴力禁止法をつくろうネットワーク10周年記念イベント
いまこそ We too


日時:7月14日(土)18:00~21:00(17時50分開場)
会場:文京区男女平等センター 研修室A    
参加費:500円

Ⅰ部 基調講演 大藪順子
 (フォトジャーナリスト)

大藪さんはアメリカで性暴力被害にあった経験から、
当事者の取材、撮影を行いサバイバーの証言を伝える
写真プロジェクト「STAND」をアメリカや日本各地で展開してこられました。

#Me Tooムーヴメントの先駆的な活動といえます。

写真展を重ねてこられた中で、大藪さんが、
今、改めて伝えたいことや、
アメリカと日本の性暴力に関する
社会的、文化的な状況の違いなども語っていただきます。

Ⅱ部  グループディスカッション
グループに分かれて話し合うテーマとしては以下のような案を考えています。  
A 性暴力 B 性虐待 C セクハラ D 若年女性の被害 E 性的搾取

コーディネーター  
戒能民江
  性暴力禁止法をつくろうネットワーク共同代表

昨年、110年ぶりに大幅改正された刑法性犯罪。
その実現を後押ししたのは性暴力被害当事者が声を上げ、
改正の必要性を国会に訴えたことでした。

これまで「なかったこと」にされていた性暴力被害は、
今、#Me Tooムーヴメントによって、社会を動かし始めています。

しかし、当事者の告発をきちんと受け止め、
被害者を守り、加害者を適正に処罰し、
性暴力が起きないようにする法律や制度の整備は
まだまだ手が付けられていない状況です。

ここにきて「包括的な性暴力禁止法の必要性」が
ますます明らかになってきました。

私たち性暴力禁止法をつくろうネットワークが10周年を迎えるにあたって、
声を上げた被害当事者を孤立させない法制度を
私たちみんなの力で実現するために、
テーマ別にグループに分かれて方向性を話し合う参加型の企画を考えました。

是非、参加して、日頃のモヤモヤ、何とかしたいという思いを形にしていきませんか。

※予約不要、直接会場にお越しください。
問い合わせ:stop.sv@gmail.com

文京区男女平等センター:文京区本郷4-8-3 
https://www.bunkyo-danjo.jp/access.aspx
 都営三田線春日徒歩7分・大江戸線本郷3丁目徒歩5分 ・丸ノ内線本郷3丁目徒歩5分

皆さま

「性暴力禁止法をつくろう!」全国縦断ワークショップin大阪の
お知らせです。

今回は大阪の性暴力を許さない女の会2018年5月公開講座との
コラボ企画です。

講師は大阪大学の島岡まなさんです。
刑法性犯罪改正についてとてもわかりやすく解説していただけます。

まだお話を聞いていない方も、以前聞いたことがある方も
是非ご参加ください!

拡散大歓迎!
******
チラシはこちらから
めざせ!国際水準
#MeToo以降の刑法改正への展望

● 日時:2018年5月29日 (火) 18時30分 ~21時
● 場所 :ドーンセンター (大阪府男女共同参画・青少年センター)
4F中会議室2
● 講師:島岡まなさん(大阪大学法科大学院教授)
● 参加費500円 *「性暴力を許さない女の会」維持会員の方は無料です。 
参加は女性のみ

刑法性犯罪は2017年6月に110年ぶりに大幅改正が実現しました。
しかし、暴行・脅迫要件がそのまま残るなど、必ずしも十分な改正とはいえません。

また、2016年5月には、性暴力被害者のためのワンストップ支援センターの
根拠法として性暴力被害者支援法案が野党共同提案で国会に
上程されましたが、残念ながら廃案になっています。

被害実態に即した法整備を実現するために全国の現場の声を反映させる必要があります。

今回、性暴力をめぐる包括的な法制度整備を求めて活動している
『性暴力禁止法をつくろうネットワーク』の全国縦断ワークショップと
『性暴力を許さない女の会』の5月公開講座をドッキングさせて行うことになりました。

 フランスなど外国の法律に詳しい法学者・島岡まなさんをお招きして、
刑法の専門的なお話だけでなく、法律や世論について諸外国との対比や、
#MeToo以降の海外での変化、日本での動き、
今後私たちがその動きをどんなふうに刑法改正につないでいくべきかなど
について、お話を伺い、参加者みんなで考えていければ、と考えています。

是非ご参加ください!

主催■性暴力禁止法をつくろうネットワーク
共催■性暴力を許さない女の会

お問い合わせ 
性暴力を許さない女の会/大阪市東淀川郵便局私書箱15号
TEL 06-6322-2313(毎週火曜日 夜7~9時のみ)

※本事業は、WAN基金の助成を受けて実施しています

【2018/04/30 21:40】 | 募集中のイベント
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。