上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェンダー平等をめざす藤枝澪子基金助成事業            
「私たちの求める性暴力禁止法を!」
全国縦断ワークショップのお知らせ


性暴力禁止法をつくろうネットワークでは、性暴力禁止法の骨子案を発表するために、
現在、論点整理に基づいて議論を進めています。
このたび、ジェンダー平等をめざす藤枝澪子基金の助成を受けて、
全国縦断ワークショップを開催することになりました。
ワークショップでは、シート型資料「性暴力をなくすために」をもとに、
性暴力被害の実態や法制度の現状について認識を共有した上で、
地域での裁判支援や被害者支援から浮かび上がってきた現状と課題を分析・整理し、
禁止法案に反映していきます。

第1弾 北海道会場
日時:12月13日(土) 18:00~  
会場:札幌市民ホール
運営協力:北海道シェルターネット、女のスペースおん
テーマ:児童期性虐待の時効に関わる裁判報告(仮)
参加費:500円


第2弾 仙台会場  4月18日(土) 13:00  詳細が決まりましたらお知らせします!

問い合わせは stop.sv@gmail.comまで
スポンサーサイト

【2014/11/14 16:45】 | 終了したイベント
トラックバック(0) |
法務省で10月31日からl性犯罪の罰則に関する検討会
が始まりました。

厳罰化にとどまらず、幅広い論点で議論されるようです。

◇今後の議論で想定される主な論点
・法定刑の下限を引き上げるべきか
・強姦罪の行為者に女性も加えるべきか
・強姦に類似する一定の行為について新たな犯罪類型を設けるべきか
・強姦罪成立に必要な暴行・脅迫の要件を緩和すべきか
・親子など一定の地位や関係を悪用した行為について犯罪類型を設けるべきか
・暴行・脅迫がなくても強姦罪が成立する年齢(現在は13歳未満)を引き上げるべきか
・被害者の告訴がなくても起訴できるようにすべきか
・年少者が被害者の場合などの公訴時効をどうすべきか

性暴力被害の実態を反映した議論を期待したいです。




【2014/11/14 16:27】 | 終了したイベント
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。