性暴力禁止法をつくろうネットワーク・シンポジウム    
10代・20代女性への性暴力被害 
このイベントは終了しました。ありがとうございました!

2013年にNPO法人BONDプロジェクトが行った調査では、
10代20代の女の子369人のうち2/3に性暴力被害経験があり、
被害者の半数が「死にたい」など自殺念慮があった。

しかし、現在の法制度は、そんな10代、20代の女性が十分な支援を受け、
安全で安心できる居場所を確保できる体制になっているとは言えない。

行き場所がない若年被害者が性風俗の現場でさらに性暴力被害にあうケースも少なくない。
そして、薬物やアルコール依存によって生きのびて(きた)いる10代、20代の当事者たち。

今回のシンポジウムでは、10代、20代の女性の支援に関わってこられた
パネリストの皆さんに、それぞれの立場から見えてくる性暴力被害の実態
やその影響と必要な法制度改革に向けた提案をお話していただく。

「10代、20代女性への性暴力被害」について、皆さんと一緒に考えることで、
性暴力被害者支援法の提言につなげていきたい。

日時:7月4日(土)18:00~21:00(17時50分開場)
場所:文京区男女平等センター 研修室A    
参加費:500円
パネリスト:  
橘ジュン NPO法人 BONDプロジェクト代表
湯浅範子 元婦人相談員・女性の家HELPスタッフ
上岡陽江 ダルク女性ハウス代表
コーディネーター: 
戒能民江 お茶の水女子大学名誉教授
   

※予約不要、直接会場にお越しください。
問い合わせ:stop.sv@gmail.com
文京区男女平等センター:文京区本郷4-8-3 
https://www.bunkyo-danjo.jp/access.aspx

都営バスー真砂坂上下車徒歩3分 
都営地下鉄三田線―春日下車徒歩7分・大江戸線―本郷3丁目下車徒歩5分 
東京メトロー丸ノ内線―本郷3丁目下車徒歩5分

―この事業は赤い羽根共同募金の配分を受けて行っていますー
スポンサーサイト