上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たくさんのご参加ありがとうございました!

連続院内集会 第一弾!
「当事者の声を国会へ!」

女性や子どもへの暴力を許さない
法律を作るために、国会に集まりましょう


昨年は、大学における集団性暴力事件が次々と報道され、
AV出演強要の生々しい実態も明らかにされました。
「冤罪DV」などDV被害者の必死の訴えを否定する動きもあります。
また、性暴力被害に関しては、不当としか言えないような判決も
たくさん出されています。
これまで全国の現場で女性や子どもへの暴力をなくすための政策を求めて
地道に積み重ねてきた動きが、大きく押し戻されようとしているのでしょうか。

そんな状況の中で、今年は、刑法性犯罪の改正や
「親子断絶防止」にかかわる法律案など、
「女性や子どもへの暴力」に関する多くの法案の上程が予定されています。
法律の対象である当事者の声を聴いて法案は作られているのでしょうか?

法律を作る国会議員に、
いかに今の日本が女性や子どもたちにとって危険になってしまったのか、
安全に生活するには何が必要かを説明するために、
みんなで国会に行きませんか。

国会の議員会館の中で議員と省庁の担当者をお招きして、
現実を聞いてもらいませんか。
一人でも、1 団体でも多くの方にご参加いただいて、
「危険」を感じている人の多さを目に見えるものにしたいと思います。
ご参加をお待ちしております。

(当日は、被害当事者のご発言が予定されているため、
受付で顔写真のついた身分証明書のご提示をお願いします)

■日時:2017 年1 月27 日(金)11 時30分~13 時半

■会場:参議院議員会館 地下1F B109 会議室

■内容:当事者からの意見表明

・親子断絶防止法案、刑法性犯罪の改正について
・性暴力被害支援法の実現に向けて
・「女性支援法」の制定に向けて

※超党派国会議員、省庁担当者、マスコミの皆さんにご出席をお願いしております


主催 「女性や子どもへの暴力を許さない法律を作る」
院内集会連続開催実行委員会
連絡先:stop.sv@gmail.com

スポンサーサイト

【2017/01/26 12:16】 | 終了したイベント
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。