FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月12日に性暴力被害者支援法案が野党で共同提案されるそうです。
立憲民主党の阿部知子衆議院議員のツイッターです。
https://twitter.com/abe_tomoko/status/1004935314274545665

性暴力被害者を支援するための法律は
今こそ求められています!
スポンサーサイト

性暴力禁止法をつくろうネットワーク10周年記念イベント
いまこそ We too


日時:7月14日(土)18:00~21:00(17時50分開場)
会場:文京区男女平等センター 研修室A    
参加費:500円

Ⅰ部 基調講演 大藪順子
 (フォトジャーナリスト)

大藪さんはアメリカで性暴力被害にあった経験から、
当事者の取材、撮影を行いサバイバーの証言を伝える
写真プロジェクト「STAND」をアメリカや日本各地で展開してこられました。

#Me Tooムーヴメントの先駆的な活動といえます。

写真展を重ねてこられた中で、大藪さんが、
今、改めて伝えたいことや、
アメリカと日本の性暴力に関する
社会的、文化的な状況の違いなども語っていただきます。

Ⅱ部  グループディスカッション
グループに分かれて話し合うテーマとしては以下のような案を考えています。  
A 性暴力 B 性虐待 C セクハラ D 若年女性の被害 E 性的搾取

コーディネーター  
戒能民江
  性暴力禁止法をつくろうネットワーク共同代表

昨年、110年ぶりに大幅改正された刑法性犯罪。
その実現を後押ししたのは性暴力被害当事者が声を上げ、
改正の必要性を国会に訴えたことでした。

これまで「なかったこと」にされていた性暴力被害は、
今、#Me Tooムーヴメントによって、社会を動かし始めています。

しかし、当事者の告発をきちんと受け止め、
被害者を守り、加害者を適正に処罰し、
性暴力が起きないようにする法律や制度の整備は
まだまだ手が付けられていない状況です。

ここにきて「包括的な性暴力禁止法の必要性」が
ますます明らかになってきました。

私たち性暴力禁止法をつくろうネットワークが10周年を迎えるにあたって、
声を上げた被害当事者を孤立させない法制度を
私たちみんなの力で実現するために、
テーマ別にグループに分かれて方向性を話し合う参加型の企画を考えました。

是非、参加して、日頃のモヤモヤ、何とかしたいという思いを形にしていきませんか。

※予約不要、直接会場にお越しください。
問い合わせ:stop.sv@gmail.com

文京区男女平等センター:文京区本郷4-8-3 
https://www.bunkyo-danjo.jp/access.aspx
 都営三田線春日徒歩7分・大江戸線本郷3丁目徒歩5分 ・丸ノ内線本郷3丁目徒歩5分

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。