FC2ブログ
ご存知の方も多いと思いますが、第4次男女共同参画基本計画の素案に対する
パブリックコメントの締切りが14日(月)に迫っています。
終了しました。ご協力ありがとうございました!
http://www.gender.go.jp/kaigi/senmon/keikaku_sakutei/yojikeikaku/ikenboshu.html

これから5年間の国の男女共同参画施策の元になる計画です。
第3次よりも後退している内容と言われていますが
少しでも状況を変えていけるように、現場の声を伝えていきましょう。

ここでは計画の中でも特に「女性に対する暴力」の分野に
絞ってお知らせしますのでご了承ください。

●第4次計画の素案は以下のアドレスからダウンロードできます。
暴力の分野は「Ⅱ 安全・安心な暮らしの実現」の「7 女性に対するあらゆる暴力の根絶」です。
http://www.gender.go.jp/kaigi/senmon/keikaku_sakutei/yojikeikaku/pdf/ikenboshu_honbun.pdf

暴力の分野だけのダウンロードは下記からできます。
http://www.gender.go.jp/kaigi/senmon/keikaku_sakutei/yojikeikaku/pdf/master_02-7.pdf

●意見をメールで送る場合は以下のフォームから送ってください。
https://form.cao.go.jp/gender/opinion-0168.html

●郵送やFAXで送る場合は以下からダウンロードできます。
http://www.gender.go.jp/kaigi/senmon/keikaku_sakutei/yojikeikaku/pdf/ikenboshu_yoshiki.pdf

[締 切]平成27年9月14日(月)(郵送の場合は締切日消印有効)
[送付先]内閣府男女共同参画局 意見募集担当宛
〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
FAX 03-3592-0408

メールでの送信は1000字以内なので、
全部書ききれない場合は何度かに分けて送る必要があります。

できるだけたくさんの意見を寄せた方がいいと思いますので
時間がありませんが、皆さまどうぞよろしくお願いします。

意見の案としては添付のコメントもご参照ください。

また例として下記にいくつか挙げておきます。
現場の実態などを合わせて書くと説得力があるのではないかと思います。

○性暴力被害者のためのワンストップ支援センターの設置の数値目標を挙げてほしい。
○ワンストップセンターの設置を広げるために性暴力被害者支援法など根拠法が必要である。
○24時間のホットラインを国の予算で置くべき。
○DV・性暴力被害者は、夫の同意書がなくても中絶できるように制度化すべき。
○警察に(すぐに)届けたくない強かん被害者の証拠採取や保管について
医療機関やワンストップセンターでの取り扱いについて地域格差のないように整備すること。
○法務省の「性犯罪の罰則に関する検討会」が検討した刑法強姦罪の見直しの各論点について、性暴力被害実態に即した見直しを実現すること。
○子どもや障がい者が被害にあった場合に、多業種で一度に聞き取りをするフォレンジック面接(司法面接)について
関係機関の必要な職員がすべて研修を受けられるようにすること。
○フォレンジック面接の様子を録音録画したものが裁判の証拠として採用できるような法制度整備を行うこと。
○性暴力被害者が裁判で二次被害に遭わないようにレイプシールド法を実現してほしい。
○裁判所にDV・性暴力を専門に取り扱う部署を設置するモデル事業を行うこと。
○DV・性暴力被害者へのジェンダーの視点を持ったカウンセリングに対する公費負担を制度化すること。
○子どもや若い女性の生活支援や性暴力被害からの回復まで長期的に支援する性暴力被害者回復支援センターを設置すること。
○性暴力被害の実態を明らかにして実効性ある施策につながるような全国的な調査を実施すること。
○学校教育において教員が異動先で転々と再加害を繰り返すことを防ぐための施策を行うこと。
○セクシュアルハラスメントや労災認定についての実態を明らかにする調査を行うこと
○セクシュアルハラスメントの加害者を処罰する規定を置くこと。

※もっともっと盛り込んでほしい内容があると思います。

現場からの声を少しでもたくさん届けましょう!
スポンサーサイト




【2015/09/12 23:11】 | 終了したイベント
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック