上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年5月29日に以下の緊急声明を発表しました。


刑法性犯罪の早期改正実現に向けた緊急声明

与党の合意により組織犯罪処罰法改正案の審議が刑法性犯罪の改正案の審議より先行されたことにより、
今国会期間中での刑法性犯罪の改正実現が危ぶまれる事態となりました。

私たちは、性犯罪・性暴力被害者の人権が軽視されたともいえるこの事態に対して、深い憤りを感じています。

今回の改正案では、親告罪の撤廃と監護者わいせつ罪、監護者性交等罪の新設により、
未成年や18歳未満の、近親者から被害にあっても逃げられない被害者が救済されます。

また、被害者や加害者の性差をなくし、肛門性交や口腔性交を膣性交と同等に扱う強制性交等罪にすることで、
これまで声を上げられなかった男性・セクシュアルマイノリティの被害が正当に取り扱われるようになります。

刑法性犯罪改正が遅れることで、このような被害者が放置されたままにされることは決して許されません。

一方で、今回の改正案には、

・強姦罪の暴行・脅迫要件の緩和
・配偶者間の強姦についての明文化、性交同意年齢の引き上げ
・公訴時効の撤廃もしくは停止
・地位・関係性を利用した性行為の処罰規定の対象の拡大 など

重要でありながら盛り込まれなかった事項がたくさんあります。

中でも暴行・脅迫要件は、これによって、
やっとのことで警察に訴えても被害者として認められず、さらに二次被害によって、
苦痛に満ちた生活を送ることを余儀なくされる性犯罪・性暴力被害者を増やす大きな要因となっており、
何としても見直す必要があります。

私たちは「魂の殺人」と言われる性犯罪・性暴力被害者を一刻も早く救済し、
悪質な加害者を野放しにしないために、今国会における刑法性犯罪の改正実現に向けて、
審議を開始すること、また、審議にあたっては、当事者の声に耳を傾け、
改正案に盛り込まれなかった論点も含めて十分に議論することを強く求めます。

性暴力禁止法をつくろうネットワーク


<性暴力禁止法をつくろうネットワークより緊急の呼びかけ>

刑法性犯罪の改正案が国会で審議されようとしています。
しかし、報道によれば、今国会中に成立するか非常に心配な状況になってきました。

以下のニュースにあるように組織犯罪処罰法改正案(いわゆる共謀罪)とどちらの
審議を先にするかで与党(自民党と公明党)の間で意見が分かれているのです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00000010-asahi-pol

ここは何としても共謀罪より刑法性犯罪改正を先行させる必要があります。

性暴力禁止法をつくろうネットワークでは、27日に、
要望書を持って、衆参両院の法務委員の議員や
女性議員を中心に説明に回ってきました。
http://svkinshiho.blog.fc2.com/blog-entry-43.html

そこで、皆様に法務委員の議員(理事)、女性議員などに
働きかけていただくことを呼びかけます。

以下の議員リスト(法務委員会の理事や女性議員など)に
お電話・FAXもちろん直接面談等の手段で
今国会で刑法性犯罪の改正を実現させてほしいと要望していただきたいのです。

こんなふうに刑法改正が必要、刑法改正は一刻を争うというような
実態を伝えるのが効果的だと思いますが、
(改正のポイントについても議員リストの下にまとめましたのでご参照ください)

「刑法性犯罪の改正の審議を組織犯罪処罰法改正案よりも先にしてください」
「今国会で刑法性犯罪改正を実現させてください」という
一言だけでもOKと思います。

今週中に働きかけた方がよいようです。
皆さま、どうぞよろしくお願いします。

またSNSでの発信が有効というご意見もいただいています。
様々なアイディアで様々な方面から「共謀罪よりも刑法性犯罪改正を」
という呼びかけをよろしくお願いします!

※刑法性犯罪改正は一刻を争う課題だという方に
重点を置いていただけたらと思います。


【議員リスト】
参議院 議員名  電話      FAX     会派  
1105 猪口邦子 6550-1105  6551-1105 自 千葉
1110 西田昌司 6550-1110  6551-1110 自 京都
1024 山本香苗 6550-1024  6551-1024 公  大阪
916 山下雄平 6550-0916  6551-0916 自 佐賀
712 糸数慶子 6550-0712  6551-0712 沖 沖縄
711 秋野公造 6550-0711  6551-0711 公  福岡
605 小川敏夫 6550-0605  6551-0605 民 東京
514 佐々木さやか 6550-0514 6551-0514 公  神奈川
320 真山勇一 6550-0320   6551-0320 民 東京
           
衆議院第一          
1202 鈴木貴子 3508-7233 3508-3233 自  北海道
1123 今野智博 3508-7051 3508-3851 自  埼玉
1110 鈴木淳司 3508-7264 3508-3534 自  愛知
709 松島みどり 3508-7065 3508-3845 自  東京
504 野田聖子  3508-7161  3591-2143 自  岐阜
           
衆議院第二          
1203 宮崎政久 3508-7165 3508-3715 自  沖縄
1111 土屋正忠 3508-7074 3508-3764     自  東京18
804 平口洋 3508-7622  3508-3252 自  広島
721 井出庸生 3508-7469  3508-3299 民 永野
716 国重徹   3508-7405  3508-3885 公  大阪
612 古川禎久 3508-7612  3506-2503 自  宮崎
517 逢坂誠二 3508-7517  3508-5047 民 北海道
503 高木美智代 3508-7630 3508-3260 公  東京
415 吉田宜弘 3508-7008          公  九州
303 大口善徳 3508-7017 3508-8552 公  大阪
305 上川陽子 3508-7460  3508-3290 自  静岡

【刑法性犯罪改正のポイント】
親告罪の撤廃
       被害を申告してからの捜査・立件のハードルが低くなる
       未成年者などが自分で告訴できなくても事件化できる
法定刑の引き上げ
       強盗罪よりも強姦罪の法定刑の下限が低いという状況が改善される
被害者も加害者も性差をなくす
       男性やセクシュアルマイノリティの被害者が声を上げやすくなる
性交類似行為を強姦と同等に扱う「強制性交等罪
       肛門性交や口腔性交の被害が膣性交と同等に重大な犯罪として扱われる
「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪
       親などの「監護者」が影響力を利用して18歳未満の者に性的な行為をすれば、暴行・脅迫がなくても罰せられる


【2017/03/30 12:24】 | 終了したイベント
トラックバック(0) |
皆さま

現在、刑法性犯罪の改正案が衆参両院の法務委員会で審議されようとしていますが
いわゆる共謀罪を先に審議するという話が出ていて、
今国会での刑法性犯罪改正が危うい状況になってきました。

そこで性暴力禁止法をつくろうネットワークでは、3月27日に
法務委員会の理事、女性議員を中心に以下のような要望書を持ってまわりました。

明治刑法制定以来、110年大幅な改正が実現してこなかった
刑法性犯罪の改正を今国会で実現させましょう!

******
衆議院議員 各位
参議院議員 各位

刑法性犯罪の改正実現に向けた要望書

                性暴力禁止法をつくろうネットワーク

皆様の女性に対する暴力根絶及び被害者支援に対するご尽力に深く感謝申し上げます。
「性暴力禁止法をつくろうネットワーク」は、被害者、支援者、弁護士、研究者など様々な立場から性暴力に関する包括的な法整備を求めて活動している全国組織です。
平成29年3月7日に、政府は刑法性犯罪の改正案を閣議決定しました。改正案が今国会で成立すれば、明治時代の制定以来100年以上大幅に変わることがなかった刑法性犯罪の改正が実現されると私たちは大きな期待を抱いております。
しかし、報道によれば衆参両院法務委員会において、刑法性犯罪の改正案の審議が組織犯罪処罰法改正案の審議の後になる可能性もあることを知りました。審議の状況によっては今国会期間中に刑法性犯罪の改正案の審議が行われないまま継続審議になってしまうのではないかと大きな危機感を抱いております。
私たちは、全国の性暴力被害者のためのワンストップ支援センターなどの支援の現場で、日々、性犯罪・性暴力被害者の相談を受け続けております。刑法性犯罪の改正は一刻を争う事案なのです。
国会議員の皆さまには、「魂の殺人」と言われる深刻な被害を受け、やっとのことで警察に訴えても被害者として認められず、さらに二次被害によって、苦痛に満ちた生活を送ることを余儀なくされる被害者を一人でも救えるように、今国会における刑法性犯罪の改正実現に向けて、ご尽力をお願い申し上げます。以下、要望いたします。

           記

1.刑法性犯罪改正の審議を組織犯罪処罰法改正案より先行させ、今国会において刑法性犯罪改正を実現すること。

以上

【2017/03/29 23:39】 | 声明・提言
トラックバック(0) |
このイベントは終了しました。
「私たちの求める刑法改正と被害者支援法を!」
全国縦断ワークショップin熊本


性暴力禁止法をつくろうネットワークは、性暴力をめぐる包括的な法制度の整備を求めて活動しています。
刑法強姦罪等については、本年3月の国会に改正案が提出される見込みです。
しかし、その改正案は必ずしも十分なものとはいえません。
また、昨年5月には、性暴力被害者支援法案が、野党共同提案で国会に上程されましたが、成立には至っていません。

性暴力を許さない平和で人権が守られる社会の形成にとって、被害の実態に即した実効性のある刑法改正と
性暴力被害者支援法の制定は「車の両輪」と言えます。

性暴力被害者支援の動きは全国に広がっています。
地域による偏りなく全国どこでも必要な支援が受けられるよう性暴力被害者支援法が必要です。

性暴力の実態と必要な法制度について理解を深めるとともに、
性暴力をなくすために有効な立法促進の社会的合意づくりを目的として、
全国縦断ワークショップを開催します。
是非ご参加ください。

日時:2017年3月19日(日)13:30~16:00 
会場:くまもと県民交流館パレア 10階 会議室7
   
    熊本市中央区手取本町8-9(テトリアくまもと内)
   096-355-4300
   JR熊本駅から、市電15分 水道町電停下車 徒歩1分

「性暴力被害者の支援―ゆあさいどくまもと」
講師 渡辺絵美弁護士
(渡辺綜合法律事務所弁護士)

「刑法性犯罪改正と性暴力被害者支援法(仮) 被害実態に即した法整備を!」
講師:周藤由美子
(性暴力禁止法をつくろうネットワーク共同代表
京都性暴力被害者ワンストップ相談支援センター京都SARA)

コーディネーター:戒能民江(お茶の水女子大学名誉教授・性暴力禁止法をつくろうネットワーク共同代表)

資料代:500円

主催:性暴力禁止法をつくろうネットワーク
共催:ぐる~ぷ・ゆるり熊本・熊本県婦人相談員連絡協議会・九州ブロック婦人相談員連絡協議会・全国婦人相談員連絡協議会
 

問い合わせ先:stop.sv@gmail.com
事前の申し込みの必要はありません。

たくさんのご参加ありがとうございました!

連続院内集会 第一弾!
「当事者の声を国会へ!」

女性や子どもへの暴力を許さない
法律を作るために、国会に集まりましょう


昨年は、大学における集団性暴力事件が次々と報道され、
AV出演強要の生々しい実態も明らかにされました。
「冤罪DV」などDV被害者の必死の訴えを否定する動きもあります。
また、性暴力被害に関しては、不当としか言えないような判決も
たくさん出されています。
これまで全国の現場で女性や子どもへの暴力をなくすための政策を求めて
地道に積み重ねてきた動きが、大きく押し戻されようとしているのでしょうか。

そんな状況の中で、今年は、刑法性犯罪の改正や
「親子断絶防止」にかかわる法律案など、
「女性や子どもへの暴力」に関する多くの法案の上程が予定されています。
法律の対象である当事者の声を聴いて法案は作られているのでしょうか?

法律を作る国会議員に、
いかに今の日本が女性や子どもたちにとって危険になってしまったのか、
安全に生活するには何が必要かを説明するために、
みんなで国会に行きませんか。

国会の議員会館の中で議員と省庁の担当者をお招きして、
現実を聞いてもらいませんか。
一人でも、1 団体でも多くの方にご参加いただいて、
「危険」を感じている人の多さを目に見えるものにしたいと思います。
ご参加をお待ちしております。

(当日は、被害当事者のご発言が予定されているため、
受付で顔写真のついた身分証明書のご提示をお願いします)

■日時:2017 年1 月27 日(金)11 時30分~13 時半

■会場:参議院議員会館 地下1F B109 会議室

■内容:当事者からの意見表明

・親子断絶防止法案、刑法性犯罪の改正について
・性暴力被害支援法の実現に向けて
・「女性支援法」の制定に向けて

※超党派国会議員、省庁担当者、マスコミの皆さんにご出席をお願いしております


主催 「女性や子どもへの暴力を許さない法律を作る」
院内集会連続開催実行委員会
連絡先:stop.sv@gmail.com


【2017/01/26 12:16】 | 終了したイベント
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。